関節炎ドットコム


関節炎ドットコムトップ >  関節炎の薬物治療で使われる薬品
promo-short
promo-long
promo-first-time

関節炎の薬物治療で使われる薬品

関節炎を薬物治療で治す場合、次のような薬剤が使われます。関節炎の薬物治療は、原因に適した薬品を慎重に投薬します。関節炎の原因が、細菌、ウイルスによるものであると、病状の悪化が早く、医師の適切な判断が重要で、速やかな治療が必要になります。
関節炎の症状である、関節の痛み、腫れにはとても辛いものです。動かすと痛みを感じたり、腫れがあって動かすことが困難であると、リハビリでの回復にも左右されることもあります。
細菌が原因で関節炎を起こしている場合は、抗生物質の投薬が行われ、関節の炎症を鎮めます。化膿性関節炎は、投薬治療を行う前に、化膿菌の確認を関節せん刺で行い、化膿菌が確認された場合は洗浄も行います。
結核性関節炎の場合は、結核をまず治療する必要があります。薬剤には、イソニアジドやリファンピシンを投薬します。
リウマチによる関節炎は、緩和療法を適用することになります。これは、リウマチの治療法に決定付けられたものが無いためです。薬剤には、非ステロイド性抗炎症剤及び、副腎皮質ホルモン剤(ステロイド剤)で痛みを緩和し、抗リウマチ剤(免疫調整剤)も併用します。
関節炎で最も多いとされる変形性関節症は、コンドロイチン硫酸、ヒアルロン酸製剤を投薬し、関節を磨耗から守り、組織を維持させます。また、サプリメントでヒアルロン酸を摂取することも予防に効果のあるものとされています。

↑このページの先頭に戻る

Copyright © 2010 関節炎ドットコム All Rights Reserved.